【溶岩石特集】溶岩石の特徴から使い方まで徹底解説

溶岩石について徹底解説

園芸でもアクアリウムでも、レイアウトやインテリアに使う石には様々な種類があります。

そのなかでも、一際目立ち形状がゴツゴツしている岩こそが、自然から生み出された貴重な岩である、溶岩石です。

 

溶岩石とは、火山が噴火したときに吹き出した溶岩が空気中に飛び出し、上空または低空にて冷えて固ることで、個性豊かな赤味を帯びた色や黒味または青味を持った美しい色、そして形状となったものを指します。

 

とくに特徴的なのはその形状で、大小様々な穴を持った多孔質と呼ばれる形状であるため、とくにアクアリウムでは、ろ過としてバクテリアの定着場所として非常に優れていると大注目の石材です。

 

アクアリウムにとっての溶岩石は色味や形状だけでなく、機能面としても大変優秀ということがご理解いただけるかとおもいます。

 

それでは、そんな溶岩石について、さらに掘り下げて解説をしていきたいとおもいます。

溶岩石とは

溶岩石について説明

溶岩石は、字の通り溶岩が冷えて固まったものを指しますが、そもそも岩石とは何なのでしょうか。

じつは、石との違いがあることをご存知でしょうか。

 

溶岩石などの岩石は、鉱物やガラスが集合してできたものです。

岩石の他に、火成岩、堆積岩、変成岩などの岩と呼ばれるものはこれに含まれます。

 

それに対し石は、鉱物または結晶と呼ばれる単体の粒からできたものを指します。

アクアリウムの世界で○○石と呼ばれるもの、または宝石などの石と付くため、単体の粒から作られています。

 

アクアリウムの世界で石と呼ばれるものと、岩石とよばれるものは、根本的に違いがあることをご理解いただけるかとおもいます。

溶岩石の採掘場所について

溶岩石の採掘場所についての説明

溶岩石は溶岩が固まってできる石なので、噴火した火山から出る溶岩が冷えて固まって出来る自然の産物です。

日本で例を出すなら、富士山の溶岩石や阿蘇山の溶岩石は有名で、アクアリウム専門店や園芸店で溶岩石を見れば、大体このどちらかの産地となっていることが多いはずです。

 

なお、富士山周辺や阿蘇山周辺で無許可で溶岩石を採掘し持ち帰ることは法律で禁じられております。

溶岩石を入手する場合は、ネット通販またはアクアリウムショップや園芸店で購入するようにしましょう。

アクアリウムにおける溶岩石の使い方

アクアリウムにおける溶岩石の使い方を説明

アクアリウムにおいて溶岩石は非常に優れた特徴を持っているため、相性は抜群です。

多孔質であることから、バクテリアの住処として最適なので水質浄化に役立つことはもちろんですが、じつはさらに大きなポイントがあります。

 

それは、積み上げて組みやすいということです。

多孔質なので重量が非常に軽い、そして形状もゴツゴツしていることから簡単に積み上げることができるため、カッコイイ水槽レイアウトデザインを制作しやすいのは、他の石に無い大きな溶岩石が持つ特徴です。

 

とくに、オンラインサイトの水槽素材で販売している溶岩石のサムライ・ラバロックは、日本で出回っている溶岩石のなかでも、非常に軽く多孔質、そして形状もカッコよく色味を美しいことから、日本全国のアクアリウムキーパー様が愛用しお褒めいただいております。

 

溶岩石と一括に言ってもじつは様々で、アクアリウムには向いていない形状や重量のものが存在しています。

溶岩石を選ぶ際は、このあたりも慎重に精査するようにしましょう。

溶岩石を使ったアクアリウムレイアウト一覧写真

はじめて溶岩石を水槽へ導入する方から、溶岩石の使い方について写真で知りたい方の参考となるレイアウト写真をいくつか掲載いたします。

水槽レイアウトのメインへ溶岩石を使うだけでなく、土台として溶岩石を使うこともおすすめです。

溶岩石をアクアリウムへ導入する際の参考にしていただければ幸いです

溶岩石と流木の組み合わせ

流木と溶岩石の組み合わせは色味と形状がマッチし、そこで水槽レイアウトをする方がワクワクし、ロマン溢れるデザインと創造性を掻き立てることとなります。

 

とくに、水槽素材で取り扱う大人気流木であるスマトラウッドとサムライ・ラバロックの組合せは、自然の持つロマンを彷彿させつつ高級感を兼ね備えた魅力あるレイアウトを生み出すことができ、アクアリウムのトップレイアウターからはじめてアクアリウムのレイアウトにチャレンジする多くの方から脚光を浴びております。

まとめ: 溶岩石についての特徴について

溶岩石の特徴のまとめを説明

溶岩石についての疑問から、アクアリウムに使用する際の溶岩石の特徴を解説しました。

溶岩石は、他の石に無いメリットをたくさん持ち、とくにアクアリウムや園芸においては幅広い用途とメリットを打ち出すこととなります。

 

これから溶岩石を使いたい、現在購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。